スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

「オンリーユー」いよいよ最終回

とうとう最終回まできちゃいました。「オンリーユー」
子供がいることで、なかなか切ない話になっていたんだけど、
逆に、ウンジェの母の顔が出てくると、ズルズルってしてて面白くない。
おもいきりが悪い。いや、分かるけどね。
もうちょっと彼にもやさしくしてあげたほうがいいんじゃない?
って。だって旦那じゃないですか。
まぁ、この手の話はハッピーエンドに決まってるけどね。
あと少し見るとします。
sononami * - * 10:57 * comments(20) * -

「オンリーユー」佳境へ

しかし、この画像は何なんだ一体。w

つうことで、「オンリーユー」をちょこちょこみてますが。
いよいよ佳境へさしかかりました。
残る所、あと3話。
ついに、イジュは、ウンジェの子供が本当の自分の子だった事を知る。
その事実に、戸惑いと怒りを覚えるが、ウンジェへの愛は本物なわけで、
ウンジェの全てをうけとめる。
さぁ、これで戦闘体勢はできた。
あとは、イジュ家族との戦いだけです。
テヨングループの跡取り息子であるイジュ。
その彼がどこの骨とも知らない未亡人の女と結婚するなんて、もっての他なわけです。
ここで、イジュ家族の極悪卑劣っぷりがみものです。うしし。
sononami * - * 14:01 * comments(1) * -

韓国ドラマ「オンリー・ユー」その2

最近、韓国ドラマはみているものの、続くものが少ない。。
えぇ、ざっと思い出してみても以下7つは全部途中で止まっている。

・プラハの恋人
・男女7人恋物語
・ぶどう畑のあの男
・恋するハイエナ
・チェオクの剣
・春のワルツ
・千年の愛

みる時間がどうというか、あんまり面白くないんだよなぁ。
少し我慢してでも見続けて、だんだん面白くなるものはありけど、その面白くなるまでのスピードがどれも、足りない。それじゃぁだめだよなぁ。
面白いドラマは、1話から面白いもんなぁ。
この中でもちょっと面白いなと思ったのは「チェオクの剣」「春のワルツ」ぐらいかなぁ。
ここいらで、「私の名前はキム、サムスン」「パリの恋人」「宮」級の面白いドラマに
出会いたいもんだ。
でも今見ている「オンリー・ユー」は、かなり有力。
4話目にして、もうかなり面白い。最初からストーリ−の展開がはやし、
最初から、かなり切なくなる設定がしこまれてるし。展開がたいだいきまっている韓国ドラマにしては、ちょっと大胆なストーリーかもしれない。
いや、とにかくチョ・ヒョンジェがなかなかいいんですのよ。
結局それか。笑。
↓髪の短いチョ・ヒョンジェ発見。全然印象が違うが、短いのも以外に似合う。

sononami * - * 02:43 * comments(0) * -

ハン・チェヨン

今みている韓国ドラマ『オンリー・ユー』の主人公である

ハン・チェヨン

彼女の魅力はやっぱり、あの綺麗な顔立ちにあり。
目はきつめな猫目、すっと通った鼻筋、ちょっと大きめな口。
その口がなんともいえない愛嬌を醸し出す。
モデル顔負けのスタイル。
まさにボンキュッボンとは、彼女みたいな人のことをいうんだなぁ。

sononami * - * 04:15 * comments(0) * -

韓国ドラマ「オンリー・ユー」

最近「ぶどう畑のあの男」と一緒にみている

韓国ドラマ「オンリー・ユー」

ってすごいたいとるだよね。まぁ、今日本でやってる「ファーストキス」みたいなのりではあるけど。

さてさて、私もやっとこさ、チョ・ヒョンジェの魅力に気付きはじめましてよ。
ってか、彼の作品を一つもみたことがなかったからあれなんだが。
やっぱ動いてる彼はいいね。いやもてるねあれは。だってかっこいいもん。うん。
ってうるさいけど、とにかくなんで人気があるのか段々分かってきた。
ってか!歳見たら自分と一つしか変わらないことが今判明。。!!
びっくり。どっちにって?いや、老けてない??彼?!!
老けてるっていうか、いや、大人っぽいというか。頼れる大人感がすごいあるんだけど、そんなもん感じたからなんだって話だけど。あぁ、笑。
久々にテンションがおかしくなってきてるわ。
この人、映画「スキャンダル」にも出てたんだね。。きづかなんだ。。
とにかく、ちょっと彼に注目して見続けます。はい。

関連サイト→http://www.kntv.co.jp/prog/dra/p0159.php
sononami * - * 20:20 * comments(0) * -

韓国ドラマ「ぶどう畑のあの男」

最近気になってるドラマ。
「ぶどう畑のあの男」

ユン・ウネ、 オ・マンソク主演。
オ・マンソクと言えば、今ちょうど見ている「恋するハイエナ」
に出ている俳優さんだ。そしてユン・ウネは皆さん「宮(クン)」ご存知のとおり。
都会からやってきたユン・ウネが農村の男?オ・マンソクと出会って恋をしてすったもんだする。。らしいんだけど。
とにかく、インテリじゃない、「恋するハイエナ」とはまるっきり違う
オ・マンソクを私は見てみたいなぁ。

==================================
みどころ
都市からやってきた女の農村体験プロジェクト
農村ロマンティック・バラエティーコメディー。 まるでぶどうの粒のようにふさふさとたわわに集まったユニークな農村の人たち
によるお笑いショー。
土地を大切にする人々 VS 土地で金儲けをたくらむ人々。
井戸のまわりでエビアン水を捜す、都市の勘違い女!
彼女に一生一代のチャンスが与えられた。
ぶどう畑、一万坪を譲るから、きっかり一年だけ農業をして見なさいという!

おしゃれや流行からはほど遠く、犬のようにひたすら素直な性格だけがとりえのやぼの骨頂、農村男!
イガ栗のようにとっつきにくい女と火鉢の火のような性格の男、二人の男女の出会い。

彼らとぶどう畑を取り囲んだ年寄りたちが織りなすユニークな光景。
愛を失ってぼろぼろになってしまった人々の切ない心。
言たっぷりで率直な幼い子供達が初めて見せる感情。

“愛”は若い世代だけのものではなく、自らの人生のどんな時においても密やかに訪れる世代を超えて共通した感情なのだ。
==================================
sononami * - * 03:57 * comments(0) * -

韓国ドラマ「宮S」


韓国ドラマ「宮」(クン)の第二弾、

「宮S」

歌手兼俳優のSE7ENが出演したドラマ。
6月9日から日本の衛星放送スカイパーフェクTV!の「Mnet」で放送されている
らしいのだけど、これって面白いのかな?
私的には、チュ・ジフンとユン・ウネのコンビが見たかった。
っていうか、チュ・ジフンがいない「宮」なんて、、、。どうなの?
SE7ENは嫌いじゃないけど、前回が面白かっただけに、プレッシャーはあるだろうね。
韓国では、視聴率が全然悪かったらしいのだが、日本ではどうなのだろう??

とにもかくにも10月3日からレンタル開始らしいよ。
見てみるべし。

こんなサイト出来てた。
→http://www.kun-official.jp/
sononami * - * 21:39 * comments(0) * -

高久ちぐさ主演『The Japanese Wife』その坊主に注目。















とにかく私が言いたいのは、

高久ちぐさは、坊主が似合う!!!

私はまっさきにこれを言いたいね。(ってそこか。)

とにかく坊主が似合う女子って限られているよね。
ってか坊主が似合うってなんだよって話だけど。笑。
ショートが似合うってあるけど、それと坊主は違うじゃない話が!
顔のクオリティwが全面に出るよね。頭の形も。

ショートにしたことはあるけど、坊主はさすがに。
ってか必然性がまったくないし。笑。
いやぁ、とにかく似合うっていうか格好いいんだよね。

坊主の話でひっぱりすぎたけど、
インド映画っていえば、やっぱ「ムトゥ 踊るマハラジャ」ってイメージ大
だけど、今回のこの『The Japanese Wife』って映画の監督は
アパルナ・セン監督っていう監督でインドでは、かなり有名な人らしい。
いわゆるおきらく踊ろ〜ぜ〜映画ではなくて、アート系?みたいだよ。

これはちょっと気になるね。

http://www.jfct.co.jp/takakupop.htm
sononami * - * 17:16 * comments(2) * -

「時をかける少女」













さてさて、やっと見ました。
マッドハウス手掛けるアニメーション映画

「時をかける少女」

やっとこさだよ。映画製作会社で働いているにもかかわらず、
最近全然映画見れてなかったんだよね。昔は学校帰り見たり、予備校帰り見たり、
日曜ははしごして見るのが当たり前だったのにな。
久々に映画をみた後の高揚感を味わいました。
この映画をみて、学校の事、友達のこと、先生のこと、好きだった人のこと。
いろいろ思い出したよ。なんだか懐かしい様な。苦い様な。
みんなは、もどるとしたいつに戻りたい?
私は、高校1年かな。なんでかって。いやなんとなく。
ただただ、楽しかった。あんまり考えてなかったんだろうな。笑。
まぁ、今も楽しいけどね。
とにかく制服がまぶしい映画でした。

==================================
作品紹介・解説(公式HPより)

1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化されてきた「時をかける少女」(著:筒井康隆 角川文庫刊)が、初めてアニメーション映画になります。

本作の主人公は、紺野真琴17才。2006年を生きる東京の女子高校生。その声を演じるのは、百人以上のオーディションから選ばれた仲里依紗(なか・りいさ)、16才。CM出演や雑誌のモデルで活躍し、おおいに注目されているフレッシュな声で主役の座を射止めました。

あるきっかけから「今」から過去に遡ってやり直せる力、タイムリープ能力を持ってしまった紺野真琴は、ひとたびその使い方を覚えると、何の躊躇も無く日常の些細な不満や欲望に費やしてしまいます。
大好きなものはいくらでも食べられるし、いやなトラブルも即解決! ばら色の日々のはずだったのですが…。

アニメーション版はこれまでになく、アクティヴで前向き。主人公、紺野真琴が初夏の町並みを、文字通り駆け抜けていく爽快な青春映画です。
時をかける少女公式HP
==================================
sononami * - * 21:17 * comments(0) * -

参宮橋のパンケーキ屋♪「ももちどり」

私の会社は参宮橋にある。
参宮橋は、いろんな食べ物屋があるように見えて、ない。なかなかない。。
あるけど、何年もここにいたから、飽きてしまった。。
新宿渋谷にいけばあるんだろうけど、仕事も結構ハードなので、
お昼にそこまで流暢にいっている場合がない。

ということで、日々新しいお店の開拓を密かにしている私なのだが、
ちょっとまえに、こんなお見せを発見。

パンケーキ屋「ももちどり」(ご飯もあるよ。)

というか、もうだいぶいってるけど。
ここは、格別パンケーキがうまい。うまいから一度食べてみそ。


ももちどり紹介サイト
ももちどりの店主のブログ
sononami * 生活 * 11:54 * comments(0) * -
このページの先頭へ